Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

六月三十日のこと。

月曜ということで、また新しい一週間が始まった。
明日からはもう七月か。
四月は、ひと月が過ぎるのがとても長く感じられたが、
五、六月は本当に時が経つのが早かった気がする。

Remove all ads