Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

宇宙・日本・世田谷

ディスクレビュー

宇宙 日本 世田谷

宇宙 日本 世田谷

リリースされたのは1997年なのに、
最近になってようやく耳にした一枚。


なんで今まで聴いてこなかったのかと後悔したくなるくらいに心地よい。
いやむしろ、もっと以前にこの作品に出会っていたとしても、
彼らのサウンドが作り出す独特の浮遊感の中に気持ちよさを見いだすには
若すぎたのかもしれない。

高校生の頃は、とにかく速いか、重いものばかりを好んでいたような気がするから。


閑話休題
Fishmansの曲はどれも、佐藤伸治のとにかくゆるい歌声と、
柏原譲のグルーヴィーなベースラインが重なり、
それらを茂木欣一のドラムがしっかりと支えることで、
ダブやレゲエに通じるような心地よいリズムが生み出されている。


特筆すべきなのは7曲目の「Walking in the rhythm」。
曲のテンションもノリノリというものではなく、
どちらかといえば気怠い雰囲気。
なおかつ、ピアノの和音がどことなく哀愁を漂わせている。


とにかく、体全体でリズムを取らずにはいられない。

Remove all ads