Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Chromebookを導入して

Chromebook

Chromebookを手に入れて3ヶ月近く経ったが、重宝しておりとても良い買い物をしたと感じている。

 

購入した機種はこれ。

ちなみに実際に購入したのは日本ではなくアメリカのAmazon.comであり、ネイビーが欲しかったが、なぜかアメリカ国外への配送は対応していないとのことでホワイトにすることに。 

 

購入にあたっての経緯は、

・持ち運びが楽で、Macbook Proよりも軽く、電池持ちの長いセカンドマシンがほしい。
iPad miniも所有しているが、タブレット端末は文字入力するには物足りない。やはり物理的なキーボードを備えていたほうがいい。

Macbook AirSurfaceもちらっと頭をよぎったが、10万近くもお金をつぎ込むほどではない。

Chromebookはインターネット環境下でないと使い物にならないという声も聞くが、そもそもiPadMac, PCをオフラインで使う機会は少ないし、その部分がディスアドバンテージになるとは思えない。

といったところで、2万円ほどで手に入るなら多少失敗してもいいや、と割り切りって、以下のブログやAmazonのレビューを参考にASUSのC201にした。

 

www.migiyoko.com

 

決め手となったのは980gという軽量さと、13時間もつという長時間バッテリー。

日本への移動だけでなく、ちょっとした外出時に持ち歩くにはもってこいのスペックという判断。

 

実際に届いてから使い始めて、このスペックは期待通りだったし、起動の早さや設定のシンプルさもとても気に入っている。

さらにデベロッパーモードに入ればLinux環境を構築することができ、pythonを走らせられるので、メールやウェブブラウジング以外でもやれることが増えて嬉しい。

ただ、自分にとって使い勝手のいい状態にまで持っていくのが少し面倒で、何度かやり直すこともあったため、主にデータサイエンス向けのpython環境構築については、いずれこのブログの中でもまとめておきたいと思う。

Remove all ads